猫が新生児に嫉妬する理由

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:4166
  • ありがとう数:0

はじめに

猫は新生児に嫉妬し、引っかく、咬む、攻撃するなどの行動を取ると考えられています。「猫が赤ん坊の呼吸を吸い取る」という迷信すらあります。これらの性質は新生児に対する嫉妬と嫌悪感に起因しています。

STEP1起源

「猫が新生児をねたんで傷つける」という考えの起源は、一部の民間伝承や迷信です。猫が必ずしも新生児とうまくやっていかないのは事実ですが、嫉妬は通常その原因ではありません。

STEP2赤ちゃんの周辺における猫の行動

神経質な猫は赤ん坊とあまりうまくやっていけません。赤ん坊が泣き出すと、猫は隠れる、唸る、餌やおもちゃに興味を示さないなど、反社会的になることがあります。猫が赤ん坊のそばに寄れる場合、赤ん坊や衣服の上に粗相することもあります。これらはストレスの徴候です。

STEP3ストレスの引き金

猫は赤ん坊の生まれる前からストレスを感じています。人間の注意が赤ん坊に集中し、猫をかまってくれないからです。赤ん坊が生まれれば来客も増え、猫をおびえさせます。また、猫の反社会的行動を誘発する臭いや音も生じます。

STEP4対処方法

赤ん坊が生まれる前も生まれてからも、猫をかわいがるのを忘れないでください。赤ん坊が眠っている時に猫をそばに寄らせるようにし、赤ん坊が泣くかぐずっている時は猫を赤ん坊から遠ざけます。猫が赤ん坊の衣服や寝具に顔をこすり付けるように仕向けてください。赤ん坊のほうも猫を恐れなくなります。

STEP5役立つ製品

獣医師に猫フェロモンを処方してもらってください。赤ん坊を近くにそれを撒いて猫を落ち着かせます。猫がスプレー行動をした場合は漂白剤を使って徹底的に掃除をし、猫用トイレを使うように仕向けます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ