気持ちよくインターセプトする方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

相手が気持ちよく速攻している時、気持ちよくボールを奪う方法です。

STEP1まず俊敏性を高めます。

ふくらはぎと太ももの筋肉を特に鍛えます。

STEP2

相手が速攻の際の長いパスを受け取る人の近くを走ります。

STEP3

最初からパスをカットできる距離にはいないでください。

STEP4

割と足が遅い人のふりをして、相手に、このままではパスをカットできないだろうと思わせるような速度でパスを受け取る人の近くを走っています。
この時、女子なら半径1.5m程の範囲で、パスを受け取る敵のまわりに誰もいない状態をあえて作ります。⇒おとりとなる

STEP5

上手いことおとりを作れれば、俊敏性を生かすことで長いパスなら高い確率でインターセプトできます。

まとめ

・足が遅い人のふりをする。 ・この場合に限っては、最初からがっちりディフェンスしないでおく。 ・瞬発力は必須

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集

ピックアップ

ページ先頭へ