モテリーマンシリーズ 会議の終わらせ方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

退屈な会議を終わらせる方法
これ以上は無駄だと思ったら勇気を出して終了の掛け声を。

STEP1会議を終わらせるにはコツがある。

空気を読む以上に操れるコツを知っているかだ。

KYがよいとされる風潮もあるがKYは決して良い言葉ではない。

STEP2

まずは空気を操るために、会議の予約時間をちゃんと覚えておく。
アジェンダの内容と発言者の特徴を見る。
ここで見るべきは一人どれくらいの発言タイムかだ。
人の一回に発する発言量は実は平均化されている。

以上を逆算して、終わりの時間までにみんなが気持ちよく会話できるペース配分を心がけ話を振る。

STEP3時間が来たら、「時間なんで」と時計を見る。

「時間なんで」という言葉は絶対だ。
人の人生に使える時間は平等かつ有限。

「時間なんで」という言葉は神の言葉だ。誰も逆らえない。原則的には。

まとめ

「時間なんて関係ねえ」というマネージャーやボスがいた場合は逆らうのではなく
「この時間はこういうまとめを一旦して、今週中にもう一度時間を取りますね」とかわす。

かわすしかないのだ。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

空気を操るためにはシナリオが必要なのだ。 「時間なので」という言葉はそのうち大変デキルビジネスマンに見せてくれるだろう。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ