猫の不安の徴候

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:687
  • ありがとう数:0

はじめに

猫の不安に対処するのは飼い主にとって深刻な問題です。不安はしばしば飼い主の不在によって引き起こされます。その他環境の変化、例えば引越し、新しいペットの増加、家族の減少なども不安の要因となりえます。

STEP1鳴き声の変化


不安な猫の鳴き声には変化がみられます。以前おとなしかった猫が大声でうるさく鳴くかもしれません。また、猫は飼い主とコンタクトしなくなるかもしれません。

STEP2行動の変化


大部分の猫は不安の最初の徴候として行動を変化させます。それまで観察していた野鳥に興味を示さなくなったり。おもちゃに無関心になる、臆病になる、攻撃性が増すなどの徴候を示し、飼い主によりまとわり付くこともあります。

STEP3食習慣の変化


ストレスを感じると、猫は食習慣をかなり変えるかもしれません。例えば飼い主から引き離された場合、猫は一時的にまったく食べなくなるかもしれません。

STEP4嘔吐


不安により嘔吐する猫もいます。嘔吐は多くの場合飼い主の留守中に起こります。ストレスが強い場合、吐しゃ物は黄色で、食物のかけらや血液を含む場合があります。

STEP5毛づくろい


毛づくろいの習慣の変化は、猫のストレスの徴候の大きなものです。毛づくろいをまったくしなくなる猫もいます。脱毛、発赤、皮膚の乾燥、かゆみ、ふけの原因となります。極端な場合猫は自身を噛んで傷つけることもあり、それは二次感染の要因となります。

STEP6破壊行動


まれに、ストレスから破壊行動に出る猫もいます。逃げるか、飼い主にまつわりつこうとして窓やドアを引っかいたりします。爪が出血し、感染症の危険性が増すほど引っ掻く猫もいます。身の回り品の上に排尿する場合もあります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ