金銭の時間的価値

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:4
  • ありがとう数:0

はじめに

一般的には、同じ1億円であっても現在手元にある1億円と将来の1億円とでは、その価値に差があると考えます。このことを金銭の時間的価値といいます。

STEP1

1つは、現在の1億円は銀行に預けておくと1年後は金利分だけ価値が増加するという点です。この点からすると、同じ1億円でも現在の1億円は、1年後には「金利+1億円」となりますので、タンス預金の1年後の1億円よりも価値が高いことになります。

STEP2

次に、現在の1億円は現実に手元にありますが、1年後の1億円は、本当に入手できるか否かについては若干のリスクがあるという点です。つまり、1年後の1億円は1億円以上となる可能性があるかわりに、逆に1億円を下回る可能性もあります。この点からすると確実なものの方がリスクがないという面で価値が高いと考えられるのです。

まとめ

「今日の1億円は明日の1億円よりも価値がある」 「安全な1億円は危険な1億円よりも価値が高い」

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ページ先頭へ