“インフルエンザ”と“風邪”の基礎知識

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hana-haha
インフルエンザは、法律(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)で「五類感染症」に定められています。

STEP1ウイルスの違い

インフルエンザと風邪は、原因となるウイルスの種類が異なります。インフルエンザの原因ウイルスは、インフルエンザウイルスA、B型。風邪の原因ウイルスは、ライノウイルス、アデノウイルス、コロナウイルス、RSウイルス、パラインフルエンザウイルス、インフルエンザウイルスC型などです。
また、インフルエンザA型のウイルスは、人以外の鳥や豚、馬など他の動物にも感染します。通常は同種の間(人から人へ)で感染します。ところが、インフルエンザウイルスの遺伝子が子ウイルスにコピーされる時に遺伝情報にコピーエラーが起こる(変異する)ことがあります。この変異によって人に感染しない種類が、人から人へ感染する新しいインフルエンザとなった場合を「新型インフルエンザ」といいます。

STEP2感染経路の違い

通常の風邪のウイルスの感染は(特にライノウイルス)手から手による接触感染です。インフルエンザウイルスは患者のクシャミや咳、痰などで飛ばされるウイルスを介して感染する飛沫感染が中心です。

STEP3出現する症状の違い

通常の風邪は呼吸器系に症状が現れますが、インフルエンザは38~40度の高熱が急に出るのが特徴です。高熱と共に倦怠感、筋肉痛、関節痛などが、症状が約5日間続きます。また、気管支炎や肺炎を併発しやすく、重症化すると脳炎や心不全を起こすことがあります。体力のない高齢者や乳幼児などは致命的になることもあるのです。

STEP4インフルエンザの時期

日本ではインフルエンザは主に12~3月に流行します。気温も温度も低く乾燥しているため、空気中に漂うウイルスが長生き出来ます。年末年始の人の移動などでもウイルスが全国的に広がる原因だと言われており、全てが重なって流行しやすい時期となっています。
現在の感染地域マップはこちら→
https://hasseidoko.mhlw.go.jp/Hasseidoko/Levelmap/flu/new_jmap.html

まとめ

日本のインフルエンザの流行・拡大は、小学校で始まると考えられています。小学生の罹患率が高く、それが家庭で成人や高齢者に感染していきます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ