人気駅弁をレトルトで楽しむ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
人気駅弁をレトルトで楽しむ 現在、3千種類もあるといわれる駅弁。 人気の駅弁は、 デパートの物産展などでも人出を呼ぶ売り物です。 そうそう旅に出られないという方、 レトルトで本格的おいしさの駅弁がありますよ。

STEP1

「ぐるりニッポンの旅 駅弁巡り」というシリーズでレトルトの駅弁を発売しているのは、ニッスイです。人気のある駅弁屋さんの監修で、パッケージもまるで駅弁のようなそそられる姿の商品が揃います。

ラインナップは、こちら。

・青森県八戸「吉田屋」監修 照焼ほたて弁当 735円

吉田屋は、創業明治25年の老舗駅弁屋です。
ラインナップが幅広い駅弁は、毎月青森に旅行しても制覇できないのではないかと思えるほど豊富な種類が揃います。

東北新幹線全線開業記念に訪れる人が増えた青森名物のほたてを使ったのは、照焼ほたて弁当。陸奥湾産のほたてを生姜風味の照り焼きに仕立てたものに、たけのこ・しいたけ・にんじんが添えられています。

STEP2・山形県米沢「松川弁当店」監修 牛すきやき弁当 735円

創業明治32年の松川弁当さんは、米沢牛を使った駅弁がずらり20種類近くも揃う牛肉駅弁の老舗です。

本家の駅弁であるすきやき弁当や牛肉三昧、牛串弁当なども見ているだけでよだれが落ちそうなほどおいしそうですが、このお店監修の牛すきやき弁当は、たまり醤油でじっくりと煮込んだすき焼き風の牛肉と野菜に山形名物の玉こんにゃくが添えられているという、これまたそそられるメニューです。ごはんは何と、ひとめぼれにかつおだしとしょうゆで味付けしたもの。凝っています。

STEP3・宮崎県都城「せとやま弁当」監修 かしわ弁当 692円

養鶏が盛んな宮崎では、地鶏の炭焼きなどの鳥料理が名物です。そんな鶏肉(かしわ)を使った駅弁で人気なのが、昭和23年創業の老舗 せとやま弁当。

一番人気のかしわめしは、鶏スープや醤油で味付けした炊き込みご飯の上に手焼の錦糸玉子・スライスしたかしわの胸肉・刻み海苔などが乗り、昆布やパイン・煮豆などが添えられています。

レトルトの駅弁の方は、かつおだしと醤油で味付けしたひとめぼれごはんに、スライスの鶏肉と生姜味のそぼろ、錦糸玉子が乗っています。

STEP4・新潟県新津「神尾弁当」監修 豚まいたけ弁当

明治30年創業の神尾弁当監修のお弁当は、三枚肉と大ぶりのまいたけをじっくりと煮込み、甘辛しょうゆで味付けしたものが、かつおだしとしょうゆで味付けしたひとめぼれごはんに乗っています。

現状販売されている駅弁にはないおかずの構成ですが、新潟名産のまいたけを使って、新潟らしいお弁当に仕上がっています。

ニッスイのホームページは、こちらです。
http://www.nissui.co.jp/

まとめ

今回紹介した、ごはんもセットになった商品の他、シリーズで具だけレトルトにした商品もあります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

ニッスイ ぐるりニッポンの旅 駅弁巡りシリーズ

特集

ピックアップ

ページ先頭へ