電球の節約

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:389
  • ありがとう数:0

はじめに

ご家庭で一つくらい電球を使う個所があるとおもいます。

節約されている方は電球を長持ちさせることによって、節約にみがきかをけましょう。
ではどのように節約するのかご紹介します。

STEP1★ ボルト数を変える

電球は規定の100ボルト用電球ではなく、110ボルト用電球を使うと白熱電球は寿命が約3倍になるようです。

ただ、明るさが低くなってしまうので、明るいのが好きという方にはお勧めしません。
明るさをあまり気にせず、節約重視ならボルト数を変えるだけなので、簡単に節約することができます。

STEP2★ トイレの電球がきれやすい

トイレの電球切れるのが早いなと感じている方。
夜間のトイレはついつい電気を忘れてつけっぱなしにしてしまうということと、夜間は街や地域全体の消費電力が少ないため、点灯する際に電圧が高くなる傾向があり、想像以上に電球が消耗してしまうためなんです。

STEP3★ 蛍光灯はつけっぱなしの方が電気をくわない

蛍光灯が点灯する際には、動作している時の2倍程度の電圧が必要になります。
そのため、頻繁に消してしまうと、かえって消費電力が増加してしまいます。
節約するためにずっと一日つけっぱなしにする必要はありませんが、ちょっとそこまで短時間出るときは、消さずにつけている方が経済的ですね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ