住宅買い替えのときにできる、節税

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:703
  • ありがとう数:0

はじめに

住宅買い替えのときにできる、節税について説明します。

STEP1[売却損が出ているときに!]

マイホームの売却損が出て、次の家の購入でローンを組んだときの節税方法。

損益通算と3年間の繰越控除の対象になります。
この場合、最大4年間納税がゼロになります。

STEP2[こんなときはダメです]

でも、売却だけで買い替えしない場合には、控除に条件がついてしまいます。

売却の条件で、例えば4000万円のマンションを売却して、損失が2000万円だったとする場合。
そのときにローン残高が1500万円あったら、売った代金でローンが返せるとみなされてしまいます。
そういった場合、損失はないものと考えられてしまいます。

STEP3[買い替えは計画的に]

ローンを増やして、返せなくなってしまうのは困ってしまいます。
しかし、貯金があってもあえてローンを組んで節税対策もできます。

今は住宅の買いどきと言われています。
買い替えがしたいなと思っている人は、この方法が背中を押してくれるかもしれません。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ