子どもに箸を使わせるコツ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by catherine-z
箸を正しく持たせたいけど、いつからどうやって?という方にコツの一つをご紹介します。

STEP1箸やスプーン、フォークを持つ前に大事なのが、

手先が器用になるための手づかみ食べだと言われています。
でも、特に器用な女の子や、兄弟の下の子は、手づかみ食べをしなくても器用に道具を持つ子もいます。

道具をいつから使うかは、その子その子によって違います。
道具を使いたがったら始めるチャンスと思って買っておくといいと思います。

STEP2箸の前に通過するのがスプーンやフォーク。

色々な種類があります。
口の大きさに合わせて選びますが、それ以外は、その子が使いやすいものや
気に入った物、料理に合ったものをチョイスしましょう。

STEP3箸も色々あります。

Vの形になっているものは、介護用にも使用されています。

スプーンも箸も、初めは握る感じでもいいと思います。
自分の箸で食べている喜びをほめてあげましょう。

STEP4

次第に、エジソン箸など、正しい箸の持ち方を促す箸を使うとできるようになります。
正しい持ち方は、友達や兄弟が持っている持ち方に刺激されたり、
折を見て「こういう持ち方やってみる?」と誘ってみたりするといいでしょう。

まとめ

正しい持ち方にこだわるのは、手がじゅうぶんに器用になってからでもいいと思います。
無理強いして食べることが苦痛になるよりは。

また、大人が正しい持ち方をしていることも重要です。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ