執事になるには

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
執事にあこがれた方も多いと思います。執事になる方法の一例です。

STEP1①専門学校で勉強する

日本の専門学校で勉強することで、執事(バトラー)になることができます。
ホテルのスタッフを育成する専門学校で、
バトラーとなる勉強をすることができる場合があります。

執事はさまざまな業務をこなさなければならないので、
実技を訓練できる専門学校は、日本で執事になるための近道となりうるでしょう。

STEP2②海外留学

海外には、執事(バトラー)になるための学校があります。
オランダ、イギリス、アメリカといった各国にあります。

日本のイメージにおける、いわゆる「執事」になるには、
海外の養成学校で学ぶと良いかもしれません。

STEP3③就職

実際に学校を卒業したら、執事(バトラー)として働くことになります。
日本では、ホテルで働くことが多いです。
客室などの管理、客の応対などをこなします。
派遣執事というものもあります。

また、外国語を身につけていれば、
海外で執事として働くこともできます。
イギリスでは現在執事不足に悩んでいるそうですので、
海外も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

執事になる方法は、今は様々あるそうです。興味のある方は調べてみてください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ