自宅でのメガネのメンテナンスの仕方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:389
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ぽたる
毎日使うメガネは、汚れたり、まがったり、ネジがゆるんだりしてきますので、定期的にケアしてあげましょう。

STEP1【簡単な汚れ】

簡単な汚れならメガネ専用のクロスで拭き取ります。その際、テンプル(耳にかける棒の部分)は曲がりやすいのでm必ずレンズのフチを持って拭きましょう。

STEP2【皮脂などの汚れ】

クロスで落ちない汚れは、台所用洗剤で洗います。原液をそのままかけるのではなく、ぬるま湯をメガネが入る大きさの入れ物(大き目のコップでも可)に入れ、そこに台所用洗剤を入れよく混ぜます。指でよく洗って水でよく流してクロスで拭きます。車のボディと一緒で、水滴がついたまま長時間放置すると輪シミになるので注意。

STEP3【ネジをしめる】

ずっと使っていると、だんだんとネジがゆるんできます。ネジがゆるんだまま使用すると、目が疲れたり、レンズが外れたりします。メガネを持ったとき、パタンと閉じるようならゆるみすぎです。購入したメガネ店に持ち込めば無料で調整してくれますが、ゆるくなってくるとしょっちゅう閉めないといけないのでちょっと面倒という人は、専用のドライバーがあれば自宅で簡単にしめることができます。専用、といっても細いドライバーなので、100円均一でも手に入ります。幼児用のおもちゃの電池部分はどれもネジ式になっていますが、あれに使うくらい細いドライバーです。手持ちのメガネと合うかどうかお店で試してから購入すると間違いがないです。

まとめ

目の健康にかかわるものなので、キチンとケアしてあげましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ