ネーミングセンスを良くする方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:565
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
ネーミングセンスが良いと、人の目を惹くことができます。

STEP1①覚えやすい名前に

ネーミングセンスを良くするには、さまざまなアプローチ法がありますが、
絶対に必要なことは、覚えやすい名前にすることです。

よって、あまり長い名前にするのは良くありません。
短く、語感のよい名前にしましょう。

たとえば、「ドラえもん」はかなり覚えやすいですね。
このような名前をつけたいものです。

STEP2②キャラを表す名前に

キャラそのものを、ある程度説明する名前にするとよいでしょう。
たとえば「ゴジラ」は、もうこれだけで怪獣の名前であることがわかりますね。

ただし、①で述べたようにあまり長い名前は避けましょう。
キャラを説明しようとすると、どうしても長い名前になりがちですが、
人に覚えてもらうには、あまり長い名前は向きません。
短くまとめましょう。

STEP3③幅広い年代の人が喋りやすい名前に

特に、子どもにとって喋りやすい名前にすることが大事です。

漢字が多用されていたり、
発音しにくい語が多用されていると、
子どもたちは関心を持ちにくくなります。

また、喋りやすい名前にすれば、会話にも上りやすくなり、
口コミで話題にもなります。
商品などのネーミングは、語感のよい、喋りやすい名前にしましょう。

まとめ

これらを踏まえたうえで、面白い名前、クールな名前など、使用する意図にそった名前にするとよいでしょう。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ