毛玉をとる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:603
  • ありがとう数:0

はじめに

いつの間にか服に現れる『毛玉』。
どう対処したらよいのでしょうか。

STEP1毛玉は摩擦の多い部分ほど発生しやすくなります。

着用時に摩擦の多い箇所(袖・脇など)や、洗濯時の揉み合い、
摩擦により衣類表面に毛羽立ちが生じ、毛玉になるのです。

STEP2毛玉が発生しやすい素材というのがあります。

まず、柔らかい製品(アンゴラ・カシミヤなど)。
風合いがよく柔らかい製品は摩擦による毛羽立ちが発生しやすいです。
そして、繊維が丈夫なもの(アクリル・ポリエステル・ナイロン等)。
毛玉ができても自然とはがれれば、それほど問題はありませんが、
アクリルやポリエステルといった比較的丈夫な生地では、
毛玉が発生した時になかなか脱落せずに残りやすいので困ります。

毛玉をとるには、毛玉をひっぱらず一つ一つ丁寧に、
はさみか毛玉取り器でカットしましょう。
手でむしりとると、そのあとが毛羽立った状態になるので、
そこからまた毛玉ができやすくなります。

STEP3では、最後に毛玉を防ぐためにできる工夫を3つご紹介します。

1 普段からお手入れを

地の目に沿ってブラッシングを行い、毛の絡みをほぐします。

2 連続着用は避けましょう

1日着たら、1~2日は空けるようにしましょう。

3 洗濯時の注意

洗濯時に毛玉を抑える方法は、衣類を裏返してネットに入れ、
手洗いモードで洗濯し、最後に柔軟剤で仕上げるというものです。
なるべく摩擦を起こさないようにしましょう。

お気に入りの洋服は大事に長く着たいものですね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ