厄除け祈願の贈り物!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:4788
  • ありがとう数:0

はじめに

昔から厄年の人に贈り物をする習慣があります。
肌身離さずもてるもので、長いもの、うろこ模様
のものが厄除けになるとされています。

STEP1厄年の贈り物は長いものをおくります。なぜ長いものを贈るのか

 長生きしてほしいと言う願いがこめられています。
 長生きが長きものになってそして長いものになったと言われています。 

蛇のようにうろこ模様のもの 
 恵比寿さま、大黒様の化身が蛇神さまであるということからきているそうです。

七色のもの 
 七色は虹の色、魔よけの力があると言われています。 

STEP2厄年の女性に贈るもの

 (数え年で19歳・33歳・37歳・61歳)

 帯やマフラー、スカーフ、ネックレスのような長いもの、うろこ模様の財布など
 七色のタオルやハンカチ、アクセサリーなど
 
 女性は、男の子を厄年に産むと厄を持っていってくれるので、なにも貰わないでも
 良いといわれています。

STEP3厄年の男性に贈るもの

 (数え年で25歳・42歳・61歳)

 ネクタイ、ベルト、うろこ模様の財布、名刺入れなど
 七色のタオルやハンカチなど

数え年は、生まれた時を1歳とする考えで、今年の誕生日が来た時点の満年齢
に1歳たした年齢です。 

まとめ

厄年を無事に過ぎ去ることを願って厄除けのお守りやお祓い済みの
お札を身につけると良いとも言われています。
厄年になる人の親などが贈り物をする風習が多いようです。
厄年に私は母にネックレスを、母は祖母に帯を貰い、厄年を何事もなく
無事に終わることができました。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ