胃のレントゲン検査の基礎知識

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:550
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hana-haha
胃のレントゲン検査って受けたことがありますか?発泡剤やバリウム飲んでグルグル回るなんて、けっこう奇妙な検査ですよね。

STEP1なぜ、前夜から何も食べてはいけないのか?

胃の状態をみる検査ですから、胃の中に未消化のものが残っていては検査自体の意味が無くなってしまいます。当日は絶食で、たばこ・ガムも厳禁。これは、胃を刺激して胃液がたくさん出ると、胃の壁にバリウムがつきにくくなるからです。

STEP2なぜ、発泡剤を飲むのか?

胃が空っぽのときは、空っぽのビニール袋の様なもの。ペタンコでは胃壁の状態がはっきりわからないので、発泡剤を飲んで膨らませます。空気を入れたビニール袋のようなものです。ゲップをするとガスが抜けてペタンコに戻るので、発泡剤を再度飲むことになります。

STEP3なぜ、バリウムを飲んでクルクル回るのか?

バリウムはX線を多く吸収する性質があり、発泡剤はほとんど吸収しません。画像を鮮明にするため、この2つを飲むのです。
回らないといけないのは、胃の下部にバリウムが溜っているだけではダメなのです。ガスで膨らんだ胃壁にバリウムが入っても、空気で膨らんだビニール袋に牛乳を少し入れた状態です。そこで、技師の方の指示に従い回ったり右を向いたり左を向いたり・・・その行動で自分の胃壁にバリウムを塗ります。胃の撮影する場所にバリウムが必要なのです。

STEP4

発泡剤を飲んで、ゲップを我慢しつつ、美味しいとは言えないバリウムを飲んで、グルグル回って変な角度で止められて撮影される・・・けっこう疲れる検査です。X線照射機の方が回ってくれれば楽なのですけどねぇ。
こんな変な行動をしないといけない検査ですが、胃がんを早期に発見、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃ポリープ・胃炎なども発見してくれる検査なのです。

まとめ

胃癌は男性の癌死亡率で肺癌に抜かれましたが第2位、女性でも大腸癌や肺癌と肩を並べてトップ3に君臨しています。胃部レントゲン検診は侮れませんよ。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ