ノルマが多い会社を見分けるには?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:828
  • ありがとう数:0

はじめに

就職にあたって、ノルマが厳しいかどうかは 気になるところですね。
見分けるポイントは?

STEP1

面接などで会社を訪れたときに、壁に貼り出されたものに注意します。

手の込んだ成績表、例えば、個人の販売実績数を造花の数で表すなど、
時間と人手がかかっている場合、ノルマは厳しいと見てよいでしょう。
会社はそれだけ、社員の販売実績に注目していると言うことです。

STEP2会議室のホワイトボードに注意する。

面接は会議室で行われることも多く、
会議室にはホワイトボードがあることが多いですね。
古くなったホワイトボードであれば、以前の書込みがうっすらと残っています。
書込みがたくさんあれば、この会社では会議が頻繁に行われているのだな、
と見ることもできます。
一概には言えませんが、会議の時間が多すぎるということは、
会社の業績があまりよくないので、その対策の会議かもしれません。
好調であれば、会議をするより営業活動に専念しているはずです。
業績がよくなければ、社員個人個人へのノルマも厳しくなります。

まとめ

壁に貼られたものとホワイトボードに注意する。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ