朝食を美味しく食べるこつ。

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1252
  • ありがとう数:0

はじめに

仕事やプライベートで朝から活発に動くためには朝食はとても重要です。
今回は朝食を美味しく食べて朝から活発に動ける方法を考えてみます。

STEP1夕食の時間と食事内容。

夕食が遅いと胃にもたれやすく、朝食が食べたくなくなる傾向があるようです。
食事内容も、脂っこいものを食べると胃にもたれやすいです。
この「胃にもたれる」ことが食欲を無くすんです。
夕食の時間はなるべく早く、しかも高タンパク低カロリーで脂質の少ないものにすることが重要です。
お腹が空くと眠れないと言う話も時々聞きますが、慣れれば眠れるはずです。

STEP2やっぱり早寝、早起きが重要。

朝起きるのが遅いと、仕事に出かけるまでに時間が短くなり、朝食を摂ることをおろそかにしてしまいます。
お腹が空くところに気持ちが行かなくなりますし、眠気が多いと空腹を忘れてしまう傾向があるようです。
夜はなるべく早く就寝し、早起きすることが重要だと考えられます。
余裕を持って起きることで、朝に空腹感を感じる余裕が出来ますし、空腹感を眠気に邪魔されることも少なくなります。

STEP3起きてから少し体を動かそう。

そして、時間的に余裕があれば、体を動かしてみましょう。
起きて布団の上でストレッチや体操など軽く体を動かすのも良いですし、散歩やジョギングに出かけることも良いと思います。
少し体を動かすだけでも朝食が美味しく食べられます。

まとめ

以上述べてきましたが、実はこれ、健康に生活するコツでもあり、ダイエットにも効果的です。
朝食をしっかり摂り、充実した生活を送りましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ