我が家の伊予さつま

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

愛媛県の郷土料理に「伊予さつま」があります。 昔から食べられていて、簡単で美味しく作れるんですよ。 今日は簡単に由来を振り返るとともに、我が家の伊予さつまの作り方をご紹介します。

STEP1伊予さつまの由来。

言われは複数あるようで、文字通り薩摩の国から伝わった説、南予の漁村で作られていた説などがあるようです。
日本各地に昔からある「冷や汁」のようなものと考えていただければ良いかと思います。

STEP2我が家の作り方-下ごしらえ

我が家では鯖を使うことが多いですが、他の魚でも大丈夫です。
個人的には青魚で作ったほうが美味しいかな。
魚は焼いて細かくほぐします。
味噌は火であぶって焼き味噌にしておきます。
こんにゃくは2cmほどに細切り。
ねぎは小口切りにします。

STEP3我が家の作り方-仕上げ。

細かくほぐした魚と味噌を混ぜ、だし汁で伸ばします。
炊きたてのご飯の上に、こんにゃくとねぎを適量散らし、伊予さつまをかけて出来上がり。
アツアツを掻きこみましょう。

まとめ

一般的には先に魚の身をすりつぶし、焼き味噌に混ぜてからさらにあぶる方法が一般的のようですが、この方法のほうが魚を食べている感じがして美味しいと思います。 是非お試しください。 以下のサイトを参照してください。 Wikipedia―伊予さつま http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E4%BA%88%E3%81%95%E3%81%A4%E3%81%BE

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

さばなどの青魚 みそ こんにゃく ねぎ だし汁

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ