バレンタインで勘違いされない義理チョコの渡し方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

お店に行くと、もうバレンタインのためのチョコレートやグッズが並んでいます。

バレンタインで困るのが、義理チョコを差し上げたつもりが本命チョコと勘違いされて・・・なんて話を聞きます。

勘違いされにくいチョコの渡し方です。

STEP1高価なチョコは選ばない

高価なチョコレートは、義理という感じがしません。
いくらお世話になっている相手だからといって、バレンタインのチョコレートに高価なものは避けましょう。

STEP2手作りチョコは止める

手作りチョコには、想いが入っているように勘違いされえます。
ましてや二人だけであればなおさらのこと。
本命をつくったついでに、義理チョコを作るのは止めましょう。

STEP3みんなのいる場所で渡す

学校やオフィスなど、たくさんの人がいる場所で渡しましょう。
できればその場で、「日頃からお世話になっている皆さんにお渡ししているんです」というように、特別ではないことをアピールしましょう。

まとめ

義理チョコを勘違いされると、困るのは自分です。人間関係をうまくするためにも勘違いをさせない渡し方も心がけましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ