天気が悪いときのセンター試験対策

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:781
  • ありがとう数:0

はじめに

天気が悪いときのセンター試験対策を紹介します。

STEP1[雪などに対策を]

センター試験時は、雪が降っているときもあると思います。
そんなときは、交通機関が遅れるときもあるので早めに出発しましょう。

直前に到着すると、精神面でも落ち着かないまま試験を受けなくてはいけません。
時間の余裕を持って挑むことが大切です。

STEP2[お昼時間は短い]

センター試験のお昼時間は比較的短いです。
なので、お弁当やお菓子を持っていきましょう。

お菓子も、飴やチョコなどつまめるものを持っているとリラックスにも。そして糖分が入ると、脳も動きやすくなります。
お弁当、お菓子はちゃんと用意した方がいいです。

STEP3[交通機関を使おう]

できるだけ交通機関を使った方がいい理由があります。
それは、遅延証明書が出るからです。
普段は自転車でも、交通機関を使って。

万が一試験に遅れた場合でも大丈夫なように対策しておくことが必要です。
また、電車、バスの遅れも見越して時間の余裕を持って向かって。
バスが多少遅れて電車の乗り継ぎが悪くなっても遅延証明書は出してもらえません。

STEP4[着替えも持って]

雪や雨の場合を考えて、靴下などの着替えを持っていくこと。
ぬれたままで気持ち悪いままテストに向かっても集中できないこともあります。

着替え以外にも、カーディガンなどの脱げる服を持っていって。
外は寒いですが、室内は暖房がきいていて暑い場合もあります。
脱ぎ着ができる服装をしましょう。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ