ランドセルの始まり

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:669
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by mamamacaron
近頃なにかと話題のランドセル。その始まりを調べてみました。

STEP1

ランドセルとは、背負いカバンを意味するオランダ語「ransel」がなまったもので、最初は幕末に輸入された兵士酔うの「背嚢(はいのう)」のことをそう呼んでいました。

STEP2

通学鞄としての利用は、明治に入って学習院で兵士の背嚢を元にした物が学用品やお弁当を入れるために使われるようになりました。当初はリュックサックのような形でしたが、時の内閣総理大臣、伊藤博文が皇太子殿下(のちの大正天皇)の学習院初等科入学を祝い献上した、箱型で革製の頑丈なランドセルが徐々に世間に浸透して今のような形になったそうです。

STEP3

全国的な普及は昭和30年代以降とのこと。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ