フロントガラスのくもりをとる方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
冬に、車のフロントガラスがくもってしまった、ということを経験した方も多いと思います。視界が悪くなって嫌ですよね。これを迅速にとる方法です。

STEP1①空気中の水分が増えることによって曇る

冬にフロントガラスが曇りやすいのは、
空気中に水分が増えるためです。

気温が低いと、湿度が高くなりやすく、
湿度が一定量を越えると、フロントガラスに水分がたまり、
曇ります。

STEP2②暖房をつける

①の理由により、気温が低いとフロントガラスは曇りやすくなります。
そこで、暖房をつけるのは効果的です。

このとき、内気循環だと、車外の乾いた空気が入ってきませんので、
なかなか湿度が下がらず、曇りはとれにくいです。

曇りをとるためには、外気導入により、
車外の空気を入れるようにしましょう。

STEP3③曇り止めを入れる、内側を拭く

エアコンに曇り止めがある場合があります。
これがあるのであれば、すぐに曇りはとれますので、
探してみましょう。

また、乾いた布でフロントガラスを拭くのも手っ取り早いです。
暖房をつけながらやれば、すぐに取れるでしょう。

まとめ

曇ったまま運転すると危険ですので、曇りを完全にとってから運転しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

乾いた布

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ