子供にピアノを練習させるには

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

子供にモーツアルトのような神童・天才になってほしいと考えてレッスンを受けさせていませんか?それでは最初のレッスンで現実に直面してつまずいてしまい、ピアノを弾くことががまるで厳しいお仕置きのようになってしまいます。ここでは、ピアノの練習がつらい体験にならないような練習方法を紹介します。

STEP1

子供の年齢に合った練習時間にしましょう。よくある大きな間違いは、練習させすぎることです。練習はすればするほど良いというものではありません。しぶしぶピアノに向かい、まだ未熟な技術で長い時間練習させられても、ピアノが嫌になるだけです。子供が8歳未満であれば、練習時間は一度に15分以内にしましょう。先生に15分以上練習するように言われたら、1日数回に分けて練習させましょう。9歳から12歳であれば20分以内、13歳以上は子供にもよりますが、それでも30分で充分です。

STEP2

努力をほめてあげましょう。方法は色々ありますが、決まった時間練習できたらカードにシールを貼っていき、シールが一定数たまったら景品と交換できる、などのご褒美も効果があるでしょう。

STEP3

子供の好きな楽譜を持たせましょう。練習したい曲が入った楽譜を子供に選ばせ、先生にはそれをレッスンに取り入れてくれるように頼んでください。楽しみが加わることで、きっと練習する気になれますよ。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ