皮膚炎を起こすアレルギーの原因は?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに


皮膚に炎症が起こった状態を皮膚炎と言います。皮膚炎のタイプや原因はたくさんありますが、症状としては皮膚が赤くなり、痒くなります。

STEP1作用機序

接触性皮膚炎は石鹸の成分や化学薬品のようなアレルゲンに接触して起こります。そのアレルゲンの影響は人によって様々です。

STEP2タイプの違い

その他のアレルゲンは埃や植物、金属、ゴム、アクセサリー、化粧品やクリームに含まれています。ネオスポリンのような抗生物質含有軟膏に含まれているネオマイシンにアレルギーがある人もいます。

STEP3アトピー性皮膚炎

花粉症などのアレルギーがある人はよくアトピー性皮膚炎になります。子供のアトピー性皮膚炎は重症になりますが、人によって重症度が変わってきます。最も多い症状は乾燥肌です。

STEP4思い違い

石鹸の成分などが皮膚を刺激して皮膚炎が起こることもありますが、この場合長期にわたって使用しないと症状が出ません。アレルゲンとの接触は、最小限であっても発疹が出ます。

STEP5考察

ほとんどのケースで、接触性皮膚炎は大きな問題にはなりません。自然治癒しますし、コルチゾン軟膏を塗っても治ります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ