確実に起きる方法(大学生の方向き)

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:785
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
朝早くおきて勉強したり、実習の準備をしたりしたい方も、大学生だと多いと思います。しかし、つい寝すぎてしまった…ということもあり得ます。大学生ならではの、確実に起きる方法です。

STEP1①モーニングコール

朝早くに起きたいのであれば、
モーニングコールという手があります。

要は、朝に電話で起こしてもらう方法です。
仲の良い友達がいるのであれば、
頼んでみると良いでしょう。

目覚まし時計だと、どうしても止めてしまい、
寝過ごすということがありますが、
モーニングコールで、おきてちゃんと電話に出るまでかけてもらえば、
目覚ましよりは確実に起きられます。

STEP2②直接起してもらう

直接家に来て、起してもらうという方法もあります。
電話でも、マナーモードにしてしまえばそれまでですし、
電子音ではおきづらいという方もいるかと思います。

より確実に起きるために、直接起してもらうと良いでしょう。
そうした関係にある友達がいるのであれば、
非常に便利な方法です。

きちんとお礼はしましょう。

STEP3③早朝に起きたい方向けの方法

最終手段として、恋人がいるのであれば、
相手に起きていてもらって、
自分が起きる時間に家に来てもらい、
起すと同時に、自分と入れ替わりに寝てもらうという方法があります。

朝3~4時程度に起きたいのであれば、
この方法が最も確実です。
私も起す側でやったことがある方法です。

レポート提出時期直前のような多忙な時期には、
この方法をとってみても良いかもしれません。

ただし、相手に結構な負担をかける方法ですので、
関係にひびを入れないように配慮しましょう。

まとめ

体調を崩さないよう、十分注意しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ