子どもにおもちゃを大事にしてもらうには

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
子どもがおもちゃを大事に扱ってくれないのは、困りものですよね。長持ちするように、大事に扱ってもらう方法です。

STEP1①買うときに、きちんと大事にするよう約束させる

お子さんにおもちゃを買い与えるときに、
きちんと大事にするように約束させましょう。

買い与える分には良いのですが、
その際に、きまりごとをきちんと告げておくとよいです。
例えば、意図的に壊したらしばらくもう新しいおもちゃを買わない、
おこづかいを減額するなどといった決まりが良いでしょう。

それでも大事にしないのであれば、きちんと叱り、
約束したことを確認し、実行すると良いでしょう。
お子さんのしつけにもなります。

STEP2②直して使う

どんどん新しいおもちゃを買え与えると、
経済的な打撃にもなりますし、
おもちゃに限らず、ものを大切にしなくなりがちです。

おもちゃはある程度、修復できます。
人形は、縫う、接着剤を使うなどすればすぐ直せますし、
プラモデルなども接着剤でなんとかなる場合があります。

新しいものを買え与える前に、
できるかぎり今のものを修復しましょう。

ある程度年齢が高いのであれば、
自分で直させるのも良いでしょう。
ものを大事にする感覚を養いましょう。

STEP3③「トイ・ストーリー」シリーズを見せる

「トイ・ストーリー」は、子どものおもちゃが動き、
活躍する映画です。有名なので観た方も多いと思います。

人間の見ていないところで、おもちゃが心を持ち、
動き回る姿は、子どもの興味を引くでしょうし、
おもちゃへの認識を変えると思います。

特に子どもは、実際に「もの」に命があると感じやすい時期があります。
そうした発達段階の子どもに、こうした映画を見せることは、
教育上大きな意味があります。
おもちゃを大事にしない子どもにみせてみましょう。

まとめ

おもちゃは、子どもの教育で大きな役割を果たします。大事に使ってもらいたいですね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集

ピックアップ

ページ先頭へ