裁判員制度において裁判員を辞退する方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 蜜柑
裁判員制度が導入されましたが、裁判所から事情が認められれば、辞退することができます。

STEP1

まず、70歳以上の人。または学生・生徒は辞退を認められています。
他にも、現在、地方公共団体の議会の議員である人や5年以内に裁判員や検察審査員などの職務に従事した人

STEP2上記以外の方で辞退が認められている事情は、

◦重い病気やケガをしている
◦親族・同居人の介護や養育が大変である
◦仕事などにおいて、自分以外の人が処理することが難しい状況である
◦父母の葬式などへ出席しなければならない
◦妊娠している、又は出産してから8週間を経過していない
◦重い病気やケガの治療を受ける親族・同居人の通院・入退院に付き添う必要がある
◦妻・娘の出産の立ち会いや、それにともなう入退院に付き添う必要がある
◦住所・居所が裁判所から遠く、通うことが困難である

まとめ

原則として、辞退は認められていませんが。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

辞退できる事情

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ