スカイダイビングの落下速度

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

上空高くから飛び出して地上めがけて落下する、
スカイダイビング。映像では一瞬浮いているよう
にも見えますが、どのくらいの速さで
落下しているのでしょうか…。

STEP1

スカイダイビングの発祥の地はフランスで、主にヨーロッパ、アメリカを
中心に発展してきました。日本に最初に紹介されたのは、昭和30年頃に
陸上自衛隊の教育資料にあったと言われます。

STEP2

このスカイダイビングというスポーツは、パラシュートを利用した
スポーツで、800mから4000mぐらいの高度から750mの
開傘高度まで落下し、地上の目標地点に正確に着地するよう、
パラシュートをコントロールするスポーツです。

STEP3

ところで、このスカイダイビング、どれぐらいの速度で落下しているか
気になるところです。
例えば、4000mの高度からジャンプした場合、パラシュートを
開くまでの時間は約70秒。その間ジャンパーは空中を自由落下します。
そのスピードは時速約200km、これは新幹線と同じ位の速度です。
ちょっと怖い気がします...

STEP4ですが、ジャンパーは落下中、落ちるという感覚ではなく、

むしろ浮いているという感覚なのだそうです。
多少の空気抵抗はあるものの、その感覚が病みつきになり、
スカイダイビングにはまってしまう人が多いようです。

スカイダイビングを楽しむのに特別な資格は必要なく、
健康で、体力があり、満16歳以上の人であれば大丈夫。
(とはいえ、私に試してみる勇気はありませんが^^;)
技量を示す「技能賞」というのがあって、全米パラシュート連盟発行の
A~Dライセンスが世界的に有効なのだそうです。
さあ、チャレンジしてみたいと思いませんか?

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ