きれいな薄焼き卵の作り方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

ご家庭で簡単に薄焼き卵が作れる方法を ご紹介します

STEP1五目鮨、茶巾鮨、ちらし鮨など、お鮨を鮮やかに彩ってくれる

“薄焼き卵”。
その薄焼き卵を、破けず焼きむらもなく薄くきれいに作ろうと
思っても、実際作ってみると結構難しいですよね。

STEP2

通常の薄焼き卵の分量を合わせ、そこに水溶き片栗粉を加え混ぜます。
※卵3個に水溶き片栗粉(小さじ1+少量の水)が目安です。

水溶き片栗粉を加えることにより、片栗粉の澱粉が卵の水分と結合して
糊状になって水分の蒸発を抑え、破れを防いでくれます。

STEP3そして、油を薄く引いたフライパンに流し込みます。

フライパンは充分熱しましょう。不十分だと卵がくっつきやすいです。

流し込んだとき、薄焼き卵がでこぼこになってしまうのは、
フライパンの表面に残った油が原因です。
油は出来るだけ薄く引くようにしてください。
余分な油はきちんと拭き取りましょう。
(初めからペーパーに油を吸わせたもので引くのもよいでしょう)

STEP4卵液を流し込んだらスピード勝負。

素早く全体に広げ、火を均等に当てるようにフライパンを動かし、
裏返してからは軽く乾かす・・・という具合に焼けば、
きっときれいな薄焼き卵が出来ますよ♪

まとめ

片栗粉はそのまま卵に混ぜてもよいですが、ダマになる事があります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

水溶き片栗粉

特集

ピックアップ

ページ先頭へ