会話で相手を喜ばせる

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:864
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by smap1
日頃のチョットした言葉の使い方で、好感度をグッと高めることができます。

STEP1「で」を「が」に変える

「で」という返答は、聞き手にとっては乗り気ではない感じを与えてしまうものです。
「が」に変えるだけで、相手の提案を真剣に受け止め、喜んでいる印象になります。
例:「パスタがいい!」  「パスタでいい」

STEP2名前を呼ぶ

名前を呼ぶことは、相手に親近感を抱かせる重要なテクニックです。名前は主語として必要な時だけではなく、一見、不必要なところで呼ぶと効果的です。
あなたを大事に(尊敬して)思っている。という自分の姿勢を自然にアピールできます。
例:「○○さん、おはようございます。」

STEP3複数の相槌を使い分ける

「うん。うん。」と一種類の相槌だけでは、話し相手からすると「本当に聞いているの?」「おもしろくないのかなぁ?」と思われてしまいます。
「なるほど」「そうですよね」「はい」など、相手の話に合わせて相槌を使い分けることで、真剣に話を聞いていることをアピールすることができます。

STEP4知らないふりで会話を盛り上げる

「えっ。そうなんですか?」といわれると、優越感を感じるもの。
話をリードする満足感と相まって、相手は会話を心地よいものと感じるようになります。
相手の考え方などを聞くチャンスにもなります。

まとめ

言葉の気遣いにも女性らしさが現れますよね。
相手に会話させて、絶妙な相槌で、さらに話を引き出すのも、コミュニケーションには大切なことですよね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ