相手を困らせないデートの誘い方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

付き合って時間がたっていたり、
相手の気持ちが手に取るようにわかる人ならば問題ないですが、

まだ交際が始まったばっかり。

お互いの本当の気持ちについてもまだよくわからない。

と言う時期にはデートの誘い方にも工夫が必要です。
相手を困らせないように上手な配慮をしてあげましょう。

STEP1電話で誘うとき・・・

「明日ヒマ?」あるいは「週末時間ある?」
なんていう聞きかたはもう「NG」です。

ヒマかどうか先に確認するのはもってのほかです。
「ヒマ」「時間あるけど」と答えてしまうと誘いを断ることができなくなります。

あるいは最初からそういう聞き方をされると
「忙しいの。」と最初から断られてしまうかも。

STEP2あなたの週末のデートプランを先に伝えてください。

そのプランがいかに魅力的かということが理解してもらえれば
相手も時間があるかないかは別にしても
「都合をつけてでも」デートのお誘いに乗ってくれる可能性が高まります。

STEP3メールでも同じこと。

「週末、時間ある?」
「明日、会えない?」
なんていう短文メールですませないでください。

STEP4

「週末、○○のミュージカルのチケットが手に入ったんだけど一緒にどうかな?」
「明日、六本木のイタリアンの予約がとれるけど夕食一緒にどう?」

などと具体的に誘ってあげれば、都合が悪かったり忙しくてもよい返事がもらえると思います。

時間ある?なんて誘われたから来てみたけど、つまらなかった。来なければよかった。

なんていう悪い印象を残すとせっかくのご縁もとぎれてしまいますよ。

まとめ

相手の都合よりもあなたの魅力的なプランを説明するほうが先です。

楽しい時間を提供してくれる人。という印象を持ってもらえるときっと将来も明るくなりますよ。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

相手に対する説明

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ