相手に伝えることの意義

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:372
  • ありがとう数:0

はじめに

バーゲンで買った洋服が・・
ファスナーが壊れていた!
破れてダウンが出ている!
靴のサイズが間違っている!
縫製のほつれを発見!などなど・・

STEP1バーゲンで買った洋服にトラブル発見!

貴女はどうしますか?どのタイプ?

1・そのまま着ない(泣き寝入りタイプ)→その店ではもう買わない
2・自分で修理して着る(工夫タイプ)→その店ではもう買わない
3・お店に持っていく(積極タイプ)→対応が良ければまた買う
4・誰か他の人にお店にもっていって貰う(恥ずかしがり屋タイプ)

面と向かってお店の人に文句を言うのはいやだわ・・

STEP2気をつけることは

お店に直接持っていく時は、お店の混雑していない時間を狙いましょう。
お店の人も、混雑している時間では、ゆっくりと対応できません。
出来れば、あらかじめ、お店に電話をしてから、行くと良いかもしれません。

また大きな声で、商品に不備があったというのもお勧めできません。
小声で、言いましょう~。お店の人だって、周りのお客様が居て、
商品を購入しようと言う時に、「商品が破れました!」と大きな声で言われたら
可愛そうですよ。

これって、結局はお店の人に好印象を与えて、
「このお客様の為には何とかしなくちゃと思わせる」・・術。
また、クレーマーとは違うってことを解ってもらうためのマナーです。

STEP3やっぱり、お店に行くのって、勇気もいるし、面倒だわ・・

そうそう、たまたま、遠くのお店で買っちゃた場合も困りますよね。

そんな時は、お店のHPを探し、「お客様係」「お問い合わせ」などを探して、
メールを書きます。
購入日時・お店の場所・価格・不備な状態の詳細
こちらの連絡先(メール返信希望が便利)

STEP4速やかに返信メールが来るお店は、信頼できます。

今後もそのお店は、お勧めです。
たいていは、着払いで送ってくれるように言ってきますから、
納得のいくように、対処して頂きましょう。
相手と会わずに、商品を交換できる一番手軽な方法かもしれません。

まとめ

商品の不備やトラブルを言ってくれるお客さまこそ、一番のお客様です。
決してクレーマーではありません。
対応さえ、きちんとしてくれたら、絶対にリピーターになってくれます。
だから、きちんと会社には言ってあげましょうね。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ