就職の面接までにチェックすること

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

大企業ではなく、小さな会社や事務所などに就職を考えている時のチェックポイントです。

STEP1会社や事務所の所在地

賃貸で地価の高い場所に、会社がある場合、
もしかしたら、経済状態がきびしいかもしれません。
店舗のように、お客様の交通の便が第一条件になる場合は別です。

STEP2面接までの文書のやり取り

メールや書面で、面接まで何らかの文書のやり取りをします。
その時、先方から送られてきた文書の形式・内容も判断材料となります。
文書が分かりやすく、間違いがなければ、
よい会社である可能性が大きいでしょう。

STEP3地図の分かりやすさ

面接の通知や、ハローワークの応募要項には
地図が添付されていますが、
その地図が分かりやすいかどうかも、判断材料の一つです。
分かりやすい地図が書けるという事は、
不特定多数の人に ものをわかりやすく説明する力があるということです。

地図が分かりにくい場合、採用になっても、
ものを分かりやすく説明できない人から
仕事の指示を受けることになる可能性があります。
のちのち苦労することになるかもしれません。

まとめ

応募側のアピールだけでなく、
募集先についてもチェックしよう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ