立ちくらみの対策

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

立ちくらみは血圧の低い人に多く、症状が発症すると非常に辛いものです。
病院での治療も効果的ですが、咄嗟に起こった場合の自分の対策を書いてみます。

STEP1寝起きに注意。

朝起きてすぐに立ち上がると、特に立ちくらみが頻繁に起こる方は立ちくらみが発生する確率が高いです。
目が覚めても、すぐには起きないようにしましょう。
立ちくらみは脳に血液が行かないとことで起こるので、頭を低くして、寝たままで体を伸ばしたりひねったりして、血液の循環を良くしてから起きましょう。
それからゆっくり体を起こします。
かなりの確率で寝起き時の立ちくらみを防げます。

STEP2水分補給を。

人間は寝るときに汗をかきます。
そのことによって、血液の濃度が上がって、血の循環が悪くなります。
そこで水分補給をこまめに行うことが必要になります。
体を動かした後はもちろんですが、朝の水分補給が大事です。
朝は水分を多めに補給しましょう。
鉄分の多い食事、朝の食事が大事なのはもちろんです。

STEP3突然立ちくらみになったら。

外出時に突然立ちくらみを起こすこともあるかと思います。
そういう時は、しゃがむなどして頭を低くしましょう。
頭を低くすることは、頭への血液の循環を良くします。
横になれる状況なら、横になって枕などを利用して頭を低くして寝るようにしましょう。

まとめ

頭の血の循環をいかに良くするかがポイントとなります。
以下のサイトを参考にしてみてください。

低血圧をどう防ぐ
http://www.white-family.or.jp/healthy-island/htm/repoto/repo-to469.htm

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ