誰に相談する?女性の更年期障害と閉経の悩み

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

「更年期障害」は、男性にも存在することが最近では注目されていますね。女性の場合は「閉経」の時期も少なからず影響があるため、心身両面の大きな転換期になると思われます。この時期さえ乗り越えることができれば、元気な人生の最終章に向けて歩みだせることはわかっています。しかし、それができないからつらい……。ここでは、女性の更年期を乗り越えるための方法のひとつを紹介したいと思います。

STEP1

一般的に「更年期障害」が訪れるのは「閉経」の5年ほど前からだといわれています。閉経を迎える時期は、平均50歳といわれていますので、45歳くらいから更年期の前兆が表れる可能性が高くなります。

STEP2

しかし、60歳くらいを更年期だと自認している女性もいますし、閉経の時期そのものも体格の良し悪しとは関係ないといえます。これは「初潮」の時期を振り返ってみると納得できることと思います。また、母子、姉妹の場合でもケースバイケースですので、参考になっても自分に当てはまるとは限りませんね。

STEP3

更年期の心身の悩みを話題にする場合、同級生や年齢の近い人は避けたほうがいいかもしれません。特に、閉経の話題は女性にとってデリケートなものです。すでに「卒業した人」と「これから卒業を迎える人」との間には、目に見えない微妙な何かがあるからです。

STEP4

もし、誰かに聞いてもらうのなら、最低でも5歳年上の女性が無難だと思われます。また、話を聞いてもらうだけなら、母親が健在なら母親に、実の姉がいるなら姉に、という方法もあります。

まとめ

自分の悩みごとを誰かに聞いてもらう目的は、解決策を求めるのではなく、自分の気持ちを整理するためという場合が多いですね。心身ともにつらい時期ですが、必ず乗り越えていけると明るく希望をもって、自分なりにゆっくり歩んでいくことが大切です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

気持ちを明るくもつこと

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ