女正月ってご存知ですか?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:186
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hana-haha
子供たちの冬休みが終わり、やっと一段落ですね。まだまだ年始の歳時記がありますよ。

STEP1

女正月とは、1月15日をさします。1月1日の元旦を「大正月」と言い、松の内の終わり(松が明ける)1月15日は「小正月」といわれます。この日を、暮れからお正月の間忙しく働いていた女性をねぎらう日という事で「女正月」と言われるそうです。この日は小豆粥を炊いて疲れた胃腸を休め、ほっと一息つく習わしがあるそうです。「七草粥」にくらべたら、あまりメジャーでない習慣です。もともとは小豆粥を神棚に供え、五穀豊穣と無病息災を願うものでした。現在では小正月の慣わしは消えつつあるようですが、お供えしていた鏡餅を下げていただく「鏡開き」や、正月飾りや古いお札などを燃やす「とんど焼き」と言った風習は残っています。そこでお正月も終わりだな・・・といった感じがしますね。

STEP2

昔の女性ほど忙しくお正月を切り盛りしているわけではないのですが、お正月がバタバタと終わってゆくより、ひとつの区切りとしての「小正月」の習慣が残って欲しいものです。

家事や子育てに追われるお母さんたちには、「女正月」だからと言っても何もしない休日にするなんて出来ないのでしょうが、「女正月」と称してお友達とランチしたりお茶したりして、年末年始や子供の冬休みの忙しさを、労いあうのも楽しいかもしれませんね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ