便秘がちな時に、ごぼうの牛肉巻きといり鶏

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

三度の食事をきちんと食べることと、 腸の運動を活発にする食品を摂取します。 例えば、ごぼう、たけのこ、きのこ、さつまいもなどの繊維の多いものがおすすめです。 脂肪は腸内で脂肪酸になり、腸壁を刺激します。 また、果物に含まれる有機酸も同様に効果があり、りんごやいちごに多いペクチンは 便通を良くしてくれます。 朝起き抜けに冷たい水や牛乳を飲むこともお勧めです。 今回は、ごぼうの牛肉巻きといり鶏をご紹介します。

STEP1【牛肉に下味をつけ焼くだけ

      ごぼうの牛肉巻き】

材料4人分
牛薄切り肉・・・200グラム
A しょうが汁・・・小さじ1
  しょうゆ・・・小さじ2

ごぼう・・・100グラム
サラダ・・・適量
酢・・・少々

作り方
1.牛肉Aを振りしばらくおいて下味をつけておきます。
2.ごぼうは皮をこそげ取り、鍋に入るくらいの長さに切ります。
3.鍋に湯を沸騰させ、酢を少量入れてごぼうを入れ、
  約10分軟らかくゆでておきます。
4.ごぼうを芯にして牛肉を端からぐるぐる巻いていきます。
5.フライパンにサラダ油を熱し、4を入れてころがしながら表面をよく焼きます。
6.3センチ長さに切って切り口を上に向け盛ります。

※ごぼうの代わりに人参やねぎ、牛肉の代わりに豚肉でも代用できます。

STEP2【繊維質たっぷりのいり鶏】

材料4人分
鶏肉・・・200グラム
ごぼう、人参、たけのこ・・・各80グラム
れんこん・・・120グラム
こんにゃく・・・2/3枚
干ししいたけ・・・4枚
ぎんなん、さやえんどう・・・各適量
サラダ油・・・大さじ3

A 砂糖・・・小さじ2
  しょうゆ・・・小さじ2

B 砂糖・・・大さじ2
  しょうゆ・・・大さじ2

1.鶏肉は一口大のそぎ切りにし、Aをまぶし下味をつけておきます。
2.ごぼう、人参、たけのこは大きさをそろえて乱切りにし、
  ごぼうとれんこんはアクを抜くために酢水に放しておきます。
  こんにゃくは一口大に切り、さっとゆがいておきます。
  干ししいたけはもどして4つに切ります。
  ぎんなんは殻から出し茹でて薄皮をむき、さやえんどうは塩ゆでにします。
3.鍋にサラダ油大さじ1を熱し、鶏肉を焼き色がつく程度に炒めます。
4.油大さじ2を加えて、ぎんなんとさやえんどう以外の材料を全部入れ、
  2~3分炒めます。
5.だしをひたひたに注ぎ、6~7分煮ます。
  Bを加えて中火で15分ほど煮ます。  
6.鶏肉を加え、煮汁がなくなるまでいりつけ、
  ぎんなんとさやえんどうを散らして完成です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ