中二病の人への接し方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:947
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
最近よく耳にする中二病。どのように接すればよいのでしょうか。

STEP1①中二病は誰でもなる

中二病は、その名の通り中学二年のときになりやすいものですが、
それ以降でもその状態にある人がいます。

そして、誰でも成り得ます。
特に男の子であれば、中二病はひきずりやすいです。
程度によりますが、特に悪影響もないので、
若気のあやまちと思って、あまり気にしすぎないようにしましょう。

STEP2②スルーする

もしそのような人に遭遇したら、
基本的には放っておきましょう。

こちらに特に害があるわけではありません。
また、悪口もできるかぎり言わないでおきましょう。
後述の理由で、後々傷つくこともあります。

暖かい目でみて、放置しておくのが最良です。
ただ、親友であれば、忠告すると改善してくれるかもしれません。
また、一緒にノッテみるのも一つの手ではあります。

STEP3③掘り返さない

後々思い起こして、あの時なんであんなことしたの?といったことは、
絶対に聞いてはいけません。

中二病は、後で思い返すと必ず恥ずかしいものです。
自分で思いかえしても恥ずかしいのに、
相手に掘り返されると、大きな苦痛を味わいます。

そこで、そのような行動はスルーして、
できるかぎりその場で忘れてしまいましょう。
誰にでも起こりうることですから、
優しい目でみてあげることが大切です。

まとめ

間違っても、その行動を記録に残してはいけません。

必要なもの

暖かい目

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ