下戸が酒席に参加するには

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

お酒が飲めない下戸にとって、お酒の席でどう過ごすかは悩ましいもの。切り抜ける方法をいくつか持っておきましょう。

STEP1

大がかりな宴会だと、乾杯のときは「ビールしかない」ことが多々あります。グラスにほんの少し注いでもらって、舐めることができる人は少し口を付ける、絶対ムリな人は口を付けずにそっとグラスを置く、などで対応します。

親しい人との飲み会であれば、最初にきっぱり「お酒は飲めないのでお茶で」と言ってしまいましょう。残す前提で飲み物を用意するのはもったいないことなので、上記の「口だけ付ける」はなるべく避けたいところです。

STEP2

今は、アルコール分がまったく含まれない「アルコール0%」のビールもあります。飲食店だと置いてあるかどうかは店次第ですが、あると「ビールは好きなのに事情があってアルコールが飲めない」人には便利です。

いわゆる「ノンアルコールビール」には、アルコール分がまったく含まれないものと、微量のアルコール分が含まれるものがあります。特に健康上の理由でアルコールを避けている人は、口にする前によく確認しましょう。

ノンアルコールビールには、アルコール分は含まれないものの、アルコール依存症の人が飲むことには問題があります。「習慣を断つ」ことにはならないからです。該当する方はご注意ください。

STEP3

飲めないのにお酒を勧められたとき、「飲めない」と断るのは大切なことです。ただ、「飲めない」という言い方は否定形なので、自分が否定されたと思う人もたまにいます(「オレの酒が飲めないのか!」と怒るタイプの人です)。
「不調法でして」とさらりと言えると、意外と角を立てません。年輩の方を相手に断るときには、お試しください。
※若い人相手だと「下戸なので」の方が通じるかもしれません。

まとめ

大抵の酒席の目的は「お酒を飲むこと」ではなく「楽しむこと」。飲める人も飲めない人も、お互いに楽しむために折り合いを付けることが大切です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ