空を見て楽しもう - 幻日

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:317
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by J+Z
見るたびに違う表情を見せてくれる空、今回は幻日です。

STEP1【幻日 - Parhelion】

Photo by J+Z
「幻日(げんじつ)」は、太陽が低い位置にある時、太陽と同じ高さの両端に虹色の光が現れる大気光学現象です。年に数回は見る機会がありますが、注意深く見ていないと気が付かないことが多いですね。

STEP2【太陽光の屈折】

Photo by J+Z
雲の中の氷晶(ひょうしょう)により、屈折した太陽光が反射して見えるのが幻日です。朝夕、太陽の高度が低い時間帯、風が弱くうす雲(巻層雲 - けんそううん)が掛かっている時に現れることが多く、季節に関係なく見ることができます。

STEP3【雨の前兆】

幻日は天候悪化の前兆でもあり、雨が近いことをあらわしています。

まとめ

太陽を直接見ると目を痛める恐れがあります。十分に注意してください。また、デジカメで撮影する場合、長時間撮像素子に太陽光を当てると破損する恐れがあります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

注意力 好奇心

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ