ものさしの使い方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

ものさしは、長さを測ったり、線を引くために
使うことが多いですが、
これ以外では、どういう場面で使うかというと??

STEP1本のしおりとして使う

Photo by heizaemon7215
調べ物をしながら仕事をする時に便利です。
本の縦の長さよりも長いものさしをしおり代わりに使います。
本の長さよりも短いと、ものさしが中に埋もれて分からなくなります。
これは、外出時ではなく、職場や家においての方法です。

STEP2入力や校正の時に使う

Photo by heizaemon7215
細かな表は、うっかり段を見間違えることがあります。
ものさしを、表の読んでいる部分にあてながら作業をすると、
段の見間違いが少なくなります。

STEP3社会人になってからは

ものさしの使い方が違ってきます。
一般的な事務職の場合では、ものさしを使って、
線を引くことが少なくなりました。
表を作るときはエクセルなどで簡単にできるからです。
しかし、線を引く、長さを測る以外にも用途はあります。
便利なものさしを使いこなしましょう。

まとめ

しおりとして、そして、
入力・校正作業に使用する。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

ものさし

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ