六本木ヒルズで初日の出を楽しむ方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by sunrise-exp
六本木ヒルズの展望台「東京シティビュー」は都心で一番早く初日の出が拝めるといわれています。入場者数が制限されていますので、事前の申し込みが必要です。

STEP1【抽選で1000名のみ】

Photo by sunrise-exp
首都圏の展望台は初日の出を拝むために元旦は早朝から営業しているところがありますが、その多くは先着順なので早いうちから並ばなければなりません。六本木ヒルズの展望台「東京シティビュー」はインターネットで事前に申し込み、抽選で1000名が入場できるシステムになっています。

抽選に当たらなければなりませんが、その代わり早くから並ぶ必要がありません。

STEP2【申し込み方法】

Photo by sunrise-exp
初日の出特別営業への申し込みは11月中旬から12月初旬ごろに「東京シティビュー」の公式サイトで受け付けています。
http://www.roppongihills.com/tcv/jp/
当選者には12月中旬に当選通知のメールが届きます。

定員は屋外展望台「スカイデッキ」が200名、「52F展望フロア」が800名です。入場料は「スカイデッキ」が大人3000円、「52F展望フロア」が大人2000円です。

入場者には絵はがきが配られ、これは次回の無料入場券(3月末まで)にもなっています。知り合いの人に招待券として送ることもできます。

STEP3【記念品】

Photo by sunrise-exp
また、入場者には振る舞い酒が用意されていました。(2011年の場合)
量は盃1杯程度ですけど、マスは記念に持ち帰れます。持ち帰り用の袋も配られてました。

STEP4【7時半以降はスカイデッキにも上がれます】

Photo by sunrise-exp
朝7時半を過ぎますと、「52F展望フロア」で申し込んでいた人も300円払えば屋上「スカイデッキ」に上がることができます。

「スカイデッキ」は寒いので、十分な寒さ対策が必要です。また、持ち込めるのはカメラと携帯電話だけになりますので、他の荷物はエレベーターに乗る前にロッカー(コイン返却式)に入れなければなりません。

すでに初日は昇っていますが、都内で一番高い屋外展望台で元旦の都内を見渡すことができますよ。

まとめ

まずは抽選に当たらないといけないのですが、申し込む価値は十分にあります。初日の出は6時50分ごろですが、入場は5時45分ごろから始まります。先着順ではないので、急いで行かなくても大丈夫です。 都内で新年を迎えるのでしたら、ぜひ申し込んでみてください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

画像クレジット はじめに:Photo by 著者 STEP1:Photo by 著者 STEP2:Photo by 著者 STEP3:Photo by 著者 STEP4:Photo by 著者

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ