危険!!氷が無性に食べたくなるのは危険信号!!

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

飲み物に入っている氷等をガリガリ食べちゃうう人って多いですよね。
頻繁になっている方は、カラダが危険信号を発している合図かもしれません・・・

STEP1

氷を無性に食べたくなるのは、体内の鉄分が不足している可能性が高いと言われています。

また、一日に氷を製氷皿1皿以上食べるている方は、氷食症と呼ばれる疾患の可能性もあります。
思いあたる方は、病院で診察を受けるか、健康診断等の血液検査より血中の鉄量が
不足していないか確認した方が良いでしょう。

STEP2◆鉄不足の危険性

体内の鉄が不足すると・・・

・持久力の低下
・記憶力の低下
・寝起き寝つきの悪さ
・食欲低下
・顔色不良
・動悸
・息切

等を引き起こすと言われています。
また、全身に酸素がうまく回らなくなる為、
肌の老化が進むとも言われています。

STEP3◆改善方法

・鉄を多く含む食品(レバーや肉・魚等の高タンパク質)を毎食とる
・鉄を排出する働きの食品を控える・・・コーヒー等のカフェインを多く含む食品
・3食食事をとる!
・適正水分を摂取する!(1日1.5リットルの水分補給を行いましょう)

まとめ

人間のカラダは、約1年ですべて生まれかわると言われています。
明日のカラダは自分で作っていくものです!

バランスの良い食事をとり、健康なカラダを手に入れましょう!!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ