女度アップ★レシピ★お酒のつまみにぴったり ~ひろうす~

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

冬のお酒のおつまみにぴったりのレシピをご紹介します(^^♪

ひろうす!がんもどきと呼ばれることも多い料理です。
関西では飛竜頭(ひりゅうず、ひりうず、ひろうす、ひりょうず)と呼ぶようです。

STEP1【材料】

もめん豆腐・・・・・2丁
きくらげ(乾燥・・・1枚
ひじき (乾燥)・・少々
ごぼうみじん切り・・大さじ1
人参みじん切り・・・大さじ1
長芋・・・・・・・・1cmくらい

酒・・・大さじ2
塩・・・小さじ1

STEP2【下準備】

・豆腐・・・・・・・・・レンジで約2分チンして水気を切ります。
・きくらげ、ひじき・・・ヒタヒタの水でもどして、小さく切っておきます。
・ごぼう、人参・・・・・粗くみじん切りにしておきます。
・長芋・・・・・・・・・・1cmくらいをすっておきます。

STEP3【作り方】

①水切りした豆腐をボールに入れて、手でよくもんでつぶし、塩と酒を加えてさらにもみ混ぜます。
②①にきくらげ、ひじき、ごぼう、人参、すった長芋を加えて、さらに混ぜると生地がしっとりとまとまってきます。

③鍋(フライパンでも可)に油をたっぷり入れます。※まだ火はつけません。

④スプーンを2つ使い生地を丸めて、③に落としていきます。

⑤④の火をつけ、弱火で、ゆっくり揚げていきます。
 しばらくすると生地が浮き上がってきますので弱火のまま両面がきつね色になるまで揚げます。
 ※きつね色になったら油からあげて、よく油切りをして、完成です(^^♪

揚げたては最高に美味しいです!
出汁で煮て食べても美味しいし、揚げたてをわさび醤油で食べてもとっても美味しいです!

まとめ

★豆腐をよくもんできめ細かくつぶしておきましょう。

★必ず常温の油の中に入れましょう。

★常に弱火でゆっくり揚げましょう。

その他、生地にお好みで銀杏や、ゆり根などを入れても美味しいですよ(^^♪

★飛竜頭は、竜の頭をみたてたものです。ぎんなんが竜の目、ユリ根がまぶた、きくらげがひげと言われています。これらが入っているものを飛竜頭と呼び、入っていなければ、がんもどき、ひろうすになるようです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ