コーヒーを楽しもう。

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

コーヒーは嗜好品ですが、カフェインが含まれており、朝飲むと覚醒作用があったりして健康に良い飲み物です。
しかし、毎日同じ飲み方では飽きが来るもの。
そこで、いろんな使い方でコーヒーを楽しんでみましょう。

STEP1どうせならドリップコーヒーを楽しんでみよう。

インスタントコーヒーはお湯を注ぐだけで手軽にコーヒーを楽しめますが、どうせならドリップコーヒーにしてみましょう。
コーヒー専門店で豆を引いてもらうと本格的ですが、スーパーで売っている引いたコーヒー豆でも、インスタントコーヒーよりは香り深くて美味しいです。
道具を購入しないといけないと思って買うのを躊躇する方もいるようですが、ドリッパ―とフィルターを購入すれば入れることは可能です。
コーヒーメーカーまで買わなくても本格的なコーヒーは入れることが出来ます。
是非チャレンジしてみてください。

STEP2牛乳でカフェオーレ。

コーヒーが苦手な理由として、酸味と苦みを挙げる方が多いです。
慣れるとそれも癖になるのですが、苦手な方は敬遠してしまいがちです。
そういう方は、カフェオーレはいかがでしょう?
コーヒーと牛乳があればとりあえず作れますし、牛乳が酸味と苦みをマイルドにしてくれて、風味だけを味わうことが出来ます。
コーヒー用のポーションや砂糖を使うのが一般的ですが、風味はカフェオーレのほうが失われにくいように思います。

STEP3ゼリーにするなら寒天を。

コーヒーはデザートにも出来ます。
コーヒーゼリーなどいかがでしょうか?
コーヒー自体カロリーがあまり無いので、ゼラチンよりも寒天を使うことをお勧めします。
寒天のほうがカロリーが無いからです。
これでヘルシーなデザートの出来上がり!

まとめ

もちろん、コーヒーやカフェオーレ、コーヒーゼリーを楽しむのに砂糖を使うのも良いのですが、入れすぎると糖分の摂りすぎになるので注意しましょう。
特に砂糖は冷たいと甘味を感じにくくなるので、コーヒーゼリーに甘味を付ける時は入れすぎないように注意しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

コーヒー 砂糖 ポーション 牛乳 寒天 ゼラチン ドリッパ― フィルター

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ