日本酒効果

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:269
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by smap1
日本酒は美味しいだけではないのです。

STEP1日本酒の栄養価

米と麹を発酵させた日本酒は、アミノ酸やビタミン、新陳代謝を高めるペプチドなど、美容にも効果的な栄養素がたっぷり含まれているのです。
アミノ酸はワインの10~20倍もあるのです。

STEP2体を温める効果

お酒のアルコール分は、体内でアルコール脱水素酵素によりアセトアルデヒドに分解されます。
このアセトアルデヒドには血管を拡張させる作用があります。
お酒を飲んでしばらく経つと体が熱くなるのは、そのせいです。
日本酒には、このほかアデノシンという核酸の一種が他のお酒と比べて圧倒的に多いのです。
このアデノシンには血管の収縮を阻害させる作用があるため、他のお酒より長く体が温まった状態が続くのです。
血管が開いて体が温まるということは、血行がよくなるということ。冷えや肩こり、腰痛、肌の分泌がよくなる美容効果や老化防止も期待できそうです。
お燗酒にするのがおススメです。

まとめ

お酒の温度にこだわって飲む文化があるのは日本だけだそうです。
特に日本酒はお酒の中でも一番身体を温めてくれますし、リラックス効果もあります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ