日本の四季に合わせて飲む日本酒

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by smap1
日本の四季の行事になぞらえて、日本酒を楽しんでみてはいかがでしょう。

STEP1春・・・「花見酒」

フレッシュで渋みも残る、できたての新酒をお花見をしながら、わいわい楽しむ

STEP2夏・・・「暑気払い」

火入れと加水したマイルドで爽やかなお酒をキンキンに冷やして、枝豆や焼きナスとともに味わう
夏の食欲が無い時にも、スルッと入っていく一品になるかもしれません。

STEP3秋・・・「月見酒」

秋上がりして味がのったひやおろしを常温で
秋の夜空を見ながら、秋の魚、野菜、果物などとともに味わう

STEP4冬・・・「雪見酒」

一年かけて成熟したお酒をお燗にして
寒い夜には、あったかいオデンや鍋と一緒に、お燗で体のなかからあたたまります。

STEP5

風情や情緒とともに日本酒を飲む習慣は、日本人独特の文化です。
四季を通じたお酒とのつきあい方を知ることで、日本酒ならではの奥行きの深さと幅の広さを感じてみてはいかがでしょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集

ピックアップ

ページ先頭へ