毛糸のボンボンの作り方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:15733
  • ありがとう数:0

はじめに

マフラーの先や帽子のてっぺんによくつけていた毛糸のボンボン…最近は、髪飾りにも小さなかわいいボンボンを付けていたりしますよね。
このボンボンの簡単手作り方法をお知らせします。

STEP1ボンボンの直径になる長さより少し大きめの厚紙を用意します。

もしくは指でもできますので、指の本数で調整してください。
後からカットして形を整えるので、少し大きめにしておきます。
この時に厚紙の形をコの字にしておくとちょっと便利なことが…。

STEP2厚紙や指に毛糸をくるくると巻きつけます。

巻く量が少ないと丸くならないので、気持ち多めに…。

STEP3形が壊れないように厚紙もしくは指をゆっくりと抜きます。

厚紙をコの字にしている場合は、ここでは抜きません。

STEP4毛糸の真ん中を同じ毛糸でぎゅ~っと結びます。

コの字の厚紙を使うと形が崩れずに結べるので便利ですね。

STEP5

同じ毛糸だけでは、毛糸によってはゆるんでしまうことがあるので、その場合には、ミシン糸などを使ってぎゅ~っと結んでおくと後から毛糸が抜けてしまうことも少なくてすむと思います。
同じ毛糸で結んだ部分は、マフラーなどに結び付ける部分になりますので、少し長めに残しておいてください。

STEP6両端の輪になっている部分にハサミを入れて輪を切ります。

この時に毛糸を引っ張ってしまうと抜けてきてしまったりするので、ひっぱらないように気を付けます。

STEP7

後は、丸くなるように飛び出している毛糸をチョキチョキと切りそろえていくと出来上がりです。

STEP8

ボンボンに小さな布にボンドを付けてヘアゴムボンドを挟むようにして貼り付ける…もしくは、パッチン止めにボンドでつけるとボンボン付きの髪飾りにもなります。

まとめ

巻きが少ないと出来上がりがスカスカになってしまいますので多めに巻いてください。
それと、真ん中を結ぶ部分の結びが緩いとボンボンから毛糸がドンドン抜けてしまいますので、きっちりと結ぶようにしてください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

厚紙(コの字が望ましい)、毛糸、ハサミ、毛糸が太いもしくは柔らかい場合などしっかり結べない場合はミシン糸

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ