睡眠トラブルになりやすい人

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:205
  • ありがとう数:0

はじめに

日本人の5人に1人が睡眠不足になっているといわれています。

いい睡眠をとれない人には日常生活の中に問題がかくれています。
ご自身と照らし合わせてみてください。

STEP1★ 眠れないとは

眠りにつけないとは体内時計のリズムが乱れているか、脳が緊張しているかのどれかです。
海外に旅行したり、規則正しい生活をしていると、体内時計のリズムが乱れてしまいます。
また、神経質や心配性の方は脳が常に緊張した状態で、リラックスせずに眠ることができません。

これらを踏まえたうえで、いい睡眠がとれない人の例をご紹介します。

STEP21. 肩こり・腰痛のある人

これは単純に痛みで眠りにくくなっている人です。
まずは、ご自身の体の痛みをとることに専念しましょう。

STEP32. 運動不足の人

運動しない人は体を動かす機会が少ないために、昼夜のメリハリがとりにくくなっています。
運動をしている人よりメリハリが少ないために、運動をしている人の方がいい睡眠がとれているとデータが取れています。

STEP43. 外出しない人

家にずっといることで、朝日を浴びないような生活をしていると、体内時計のリズムがくるってしまいます。
家にいても朝カーテンをあけ、日の光を浴び、昼間天気のいい日はベランダに出て、日向ぼっこがてらリラックスする時間をとりましょう。

STEP54. 精神的な問題

考えすぎる人や「~しなければいけない」と考え込む人は脳が緊張しているので、なかなか寝付くことができません。
寝なければいけないと考えることが逆効果になってしまっているのです。
眠れない時は頑張り過ぎず、リラックスして違うことを考えられるように、本を読んだりして意識をそらしましょう。

寝るとき以外でも、考え方をポジティブにしたり、まっいいか~何とかなるさ~を口癖にするといいですよ。
本当に何とかなるものです。
何とかならなかったらその時考えましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ